admin archive

旅行記 快適☆約150cmライフ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
やばい、さいきん更新めんどい病が・・・ひよこ

ちゃんと書きます、旅行記「2008GW in BALI」

行ってきましたよheart02

兼ねてからウワサしてたバリ。


今回はオトナの皆さんと行ったので
趣旨は「リゾートパイナポー

そう、大人の連休の過ごし方を垣間見てきたのだ。


ホテルはヌサドゥアというビーチ沿い。
高級リゾート地で、ヌサドゥア地域に入るためにセキュリティゲートひとつ。

ホテルの構内入口にセキュリティゲートひとつ。

さらにホテル本館への入口にセキュリティゲートひとつ。

それぞれで車を爆弾探知機みたいのでチェックしたり
持ちものチェックしたり、すごい入念。
地元住民も入れないようなとこ。

ここ何年かで2回観光地で爆発テロがあってるからね。

なんだか厳重ねぇ。

と思いながら案内されたホテル。
しっかし一歩足を踏み入れると
そこはまぎれもないリゾートパイナポー
楽園。パラダイス。

部屋はなんか「ロイヤルビーチクラブ」とかいう
スウィート的扱いな部屋heart02
VIP扱い・・・Brilliant
おばあちゃんありがとう。

部屋のバルコニーに出ると、そこには海が広がってるトールローズ
プールもついてる。
DSCN1519.jpg


到着した夜、とりあえずビンタン(バリのビール)片手に音楽聴きながら
バルコニーで読書。
DSCN1617.jpg

なんて贅沢な時間の過ごし方・・・

食もめっちゃ満喫。
ナシゴレン、ミーゴレンなんかのほかに、
魚介類がダイナミックで新鮮!!
DSCN1553.jpg

DSCN1512.jpg

DSCN1514.jpg

なんぼでも食べられる気がして、怖かったです。


前回の滞在地、アートの村「ウブドゥ」にも行った。
毎日夕方になるとあちこちの寺院で
いろんなガムラン演奏が始まる。
DSCN1569.jpg


人間臭い、ほんとのバリを見るならウブド。
特にウブド・パサールっていう市場はなかなかの迫力。
現地の人も買い物に来るようなとこもあって
私はカオスな雰囲気のこの市場が大好き。
興奮して写真撮り忘れた・・・
物売り相手に必死でディスカウント交渉。


ホテルを抜け出してビーチ沿いに散歩もしてみた。
入口のセキュリティはすごくても、ビーチサイドからは
脱出&侵入可能な様子。

こんなバリっぽいもの見つけた。
DSCN1530.jpg


リスもいっぱいいた。
DSCN1521.jpg



そして前から行きたかった「ウルワティ寺院」
一言で言うと、「サルだらけ崖っぷち寺院」。

この崖、予想以上にすごい迫力だった。
身を乗り出すとキケン。

サルと夕日とそれから寺院。
みんなちがって、みんないい。

・・・じゃなくて、この組み合わせがなんかよくって
写真撮りまくってた。
DSCN1612.jpg



一歩リゾートへ入るとそこは楽園。
真っ青な海。プール。
行き届いたサービス。インターネット。
バリニーズマッサージ。
おいしいごはん。

一歩外に出ると貧しい住民の暮らし。
道端に寝そべって昼寝する人。
道端に座って井戸端会議する若者。
親子4人乗りの原付。
食堂の前に積み上げられたあやしげな料理。
どこからともなく聴こえるガムラン。

The Island of God.

ただ楽しいだけじゃなくって、
いろんなことを感じられるバリが大好きだー!
スポンサーサイト
  1. 旅行記
  2. comment:4
  3. trackback:0

プロフィール

★hiyo★

Author:★hiyo★
福岡は居心地がよいのです。
でも地元大分も恋しいのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。